消費者金融のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

消費者金融の過払い金問題とは?仕組みと請求方法をわかりやすく!

 

過払い請求の実態

消費者金融業者は、06年1月の最高裁判断以降、過払い金請求による利息返還金を迫られ、厳しい状況を強いられている。例えば、首位のアコムは、13年度営業収益2022億円、利息返還金584億円となっている。その他にも、貸倒金に311億円があり、大きなダメージとなった。

 

消費者金融

 

 

目次

 

  • 貸金業法歴史
  • 消費者金融の過払い金問題について
  •  1-1:過払い金問題とは
  •  1-2:過問題の具体例
  •  1-3:対処法
  •  

  • 消費者金融での過払い金発生の仕組み
  •  2-1:過払い金発生の仕組み
  •  2-2:正しい知識を身に付ける
  •  2-3:過払い状態にどうやったら陥るのか
  •  

  • 消費者金融で出来た過払い金の請求方法
  •  3-1:過払い金は自分で請求できる?
  •  3-2:請求方法
  •  3-3:請求に関する経費
  •  

     

     

    スポンサーリンク

     

    貸金業法歴史

     

    まずは簡単に歴史をおさらいしましょう。

     

    貸金業法の改正 2010年6月18日

    平成18年に改正された貸金業法で生まれていた『グレーゾーン』が、この平成22年6月18日の改正によって、完全に撤廃された。

     

    消費者金融

     

  • 1)総量規制
  • 貸し過ぎ、借り過ぎを防止する為に、借りることが出来る総額に制限が設けらた。

     

    ポイント


  • 貸金業者からの借り入れ(銀行、法人名義の借り入れは対象外)残高が年収の3分の1を超える場合、新規の借り入れを出来なくなった
  •  

    消費者金融

     

  • 複数の貸金業者からの借り入れがある場合においても、合計金額として計算する
  • 借り入れの際に、基本、年収を証明する書類が必要となった
  •  

  • 2)上限金利の引き下げ
  • それまでの上限金利は、貸付額に応じて15%~20%の金利を定める『利息制限法の上限金利』と、『出資法上の金利』があった。その間のグレーゾーン金利を請求しても法的に罰されることがなかったため、ほとんどの業者はグレーゾーン金利目いっぱいの29.2%の利息を取ることがまかり通っていた。

     

    しかし、今回の法改正で出資法の金利が29.2%⇒20%に引き下げられ、グレーゾーン金利が完全に撤廃されることになった。

     

  • 3)貸金業者に対する規制の強化
  • それまで、年109.5%を超える高金利貸付、無登録業者の罰則は『5年以下の懲役、または1,000万円以下の罰金』としていたが、これが『10年以下の懲役、または3,000万円以下の罰金』に引き上げられた。

     

    消費者金融

     

    また、貸金業者登録に必要とする最低純資産額を1,000万円、2,000万円、5,000万円と徐々に引き上げ、貸金業者の参入条件を厳格にした。

     

     

    消費者金融の過払い金問題について


    テレビCMや法律事務所の案内で過払い金問題について周知されるようになってきました。過払い金とは、一口に言えば「払い過ぎた利息」のことを指しますが、過払い金について詳しく説明出来る人はどれくらいいるのでしょうか?借金の支払い期間が長引くに連れて利息が増えることは認識している人が多いと思いますが、それが払いすぎているかどうかなんて把握している人は案外少ないものです。

     

    借金は毎月コツコツと返済すればいつかは完済するものですし、消費者金融は途中で利率を変更して来ることはまずありませんので、払いすぎた利息があるのかどうか調べようと思う人が少ないのが現状でした。しかし、過払い金問題があらゆる広告媒体で取り沙汰されている昨今、返済に苦しんでいる人・苦しんでいた人は過払い金について詳しく知りたいはずです。

     

    消費者金融

     

    そこで、過払い金問題に付いて詳しく見て行きたいと思います。

     

     

    過払い金問題とは


    2010年に出資法の上限金利が利息制限法の上限金利まで引き下げられるまで、出資法と利息制限法の間には上限金利に関する利率の幅が生じていました。利息制限法により定められている上限金利は最高でも20%ですが、出資法が改正される前までは、定められた年率が29.2%だったのです。今も昔も上限金利は利息制限法と出資法により二重に規制されています。

     

    しかし、刑事罰を受けるのは出資法違反のみの場合であったため、消費者金融をはじめとする貸金業者は出資法を超えない範囲ではあるものの利息制限法は超える高金利で貸し付けを行っていました。この高金利に当たる利率の幅を「グレーゾーン金利」と言います。過払い金問題とはこのグレーゾーン金利に発生した「民事上の効力が無効とされた利息」のことを指しており、多くの債務者が払わなくても良い利息を支払い返済に苦しんでいました。

     

    消費者金融

     

    また、債務者にとってはグレーゾーン金利は払わなくても良い利息でありましたが、貸金業者にとっては「みなし弁済」規定によりグレーゾーン金利による貸し付けは正当であると主張していたため、消費者は泣き寝入りを余儀なくされていました。

     

    「みなし弁済」規定とは、貸金業法に規定される一定の厳格な要件を充足した場合にはグレーゾーン金利を有効とみなす規定であり、これが有効である限り、利息制限法を超える金利で貸し付けた事により発生する利息の契約締結・要求・受領に関する行政処分は執行されなかったのです。

     

    消費者金融

     

    しかし、この「みなし弁済」規定に関しては2010年に貸金業法改正の前日に最高裁判所による厳しい判決が下されており、消費者金融の主張は認められないと判決されました。

     

    また、翌日の貸金業法改正により「みなし弁済」そのものが消失したことも消費者にとっては心強いものとなりました。こうした経緯から、過払い金問題に関する消費者の主張は全面的に認められる形になり、現在では多くの債務者・元債務者が払い過ぎた利息を取り戻そうと手続きを進めています。

     

     

    過払い金問題の具体例


    過払い金が発生している可能性が高いのは、貸金業法が改正される2010年以前に借入契約を結んでいるもの、もっと言えば貸金業法の改正に関する法案が可決された2006年以前に借入契約を結んでいるものに多くみられます。上記の年代以前の消費者には当然のようにグレーゾーン金利で貸し付けが行われていたため、消費者金融で借入経験のあるほとんどの人に過払い金が発生していると考えて間違いないでしょう。

     

    消費者金融

     

    ネット体験談をしらべてみたところ、ある債務者は2010年当時、貸金業界で最大手と言われていた消費者金融・武富士の会社更生法の申請・受理を知り、自らの過払い金問題に気付いたと述べていました。

     

    武富士は会社更生法手続きに入った段階で過払いとなった顧客を約200万人抱えており、顧客の過払い総額は2兆4000億円と報道されました。これにより、武富士にて発生した過払い金は顧客に永久に返って来ることがなくなり、世間に対して過払い金問題を通知する大きな出来事として話題を呼びました。

     

     

    過払い金に対する対処法


    過払い金の発生に気付いたら、まずは自分の返済状況を今一度振り返ってみましょう。借入件数毎に、

     

  • いつから借りているのか
  • どこから借りているのか
  • 返済期間はどのくらいか
  • それぞれの年率はいくらか
  •  

    を把握して、過払い金の有無を調べて行きます。

     

    消費者金融

     

    過払い金の算出には引き直し計算にて算出する必要があり、途中で借入を繰り返したり分割返済を挟んだりしていない場合は自分で簡単に計算する事が出来ます。消費者金融側の年利で利息を算出したものから、利息制限法に従った適切な金利で算出した利息を引いた余剰分が過払い金対象額となります。

     

    返済が複雑化している場合は自力での計算が難しいものとなってきますので、不安があるようでしたら税理士や弁護士に過払い請求そのものを依頼すると良いでしょう、

     

    消費者金融

     

    過払い金の請求はノウハウをまとめたサイトがいくつもあり、情報を集めて自力で行うことも可能です。ただし、消費者金融側との交渉も自分ですることになるのでそれなりの精神力を使います。完済から10年以上経ってしまったら過払い金請求はできなくなるため、払いすぎた利息を取り戻すためにも早めの行動が大切です。

     

  • 払いすぎた借金は取り戻せる!過払い金の請求方法と弁護士相談の必要性
  •  

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

     

    消費者金融での過払い金発生の仕組み


    過払い金とは払いすぎた利息のことであることはご存知だと思いますが、「払いすぎた利息」に関しての正しい知識を持っている人は案外少ないように思います。過払い金は月々の支払いに応じた払いすぎた利息ではありません。元金が未だ残っているようなら、利息制限法を超えた利息分は元金に充当されるだけであって過払い金とはならないのです。

     

    消費者金融

     

    それでは、過払い金はどのようにして発生するのでしょうか? 詳しく見て行きたいと思います。

     

     

    過払い金発生の仕組み


    法定利率と呼ばれる、利息制限法所定の利率から逸脱する利息の約定は法的効力を持ちません。したがって、法定利率を超えて返済した利息分は元金に充当されるべきであると過去の判例の示す通り認知されています。つまり、グレーゾーン金利にあたる利息は元金が残っている場合元金減額のために使われ、元金残高が0の場合はその後の返済額が過払い金としての余剰金額となります。

     

    かつては「みなし弁済」によって消費者金融側は超過利息を取得できるとされていたため、利用明細上の元金は減りませんでした。しかし実際には超過利息は元金に充当されるに値するものだったため、本当ならの元金が0円となっているにも関わらず返済を続けてしまう債務者が大勢いたのです。

     

    これが過払い金が発生する仕組みです。つまり、過払い金の有無を確認するにあたって重要なのは元金残高の有無であり、残高が残っていない状態でなければ過払い金は発生したとは言えません。法定利率を超過する利息を支払ったからと言って、即刻過払い金が発生するわけではないのです。

     

     

    過払い金の正しい知識を身に付ける


    過払い金の正しい知識を身に付けることは、自分の過払い金請求をする上で自分の財産をどれだけ取り戻せるかを非常に左右します。払いすぎた利息に関して間違った知識を持っていると、過払い金請求先の消費者金融や実績数を増やすことだけを考えた信用の置けない弁護士事務所などに大損させられかねません。そのため、以下に述べる内容をしっかり頭に入れておく必要があります。

     

    消費者金融

     

    払いすぎた利息に関しての正しい知識や発生の仕組みは上記で述べた通りです。超過分の金利で元金を充当させ、返済回数が残っている段階でも元金が0になればそれ以降の返済額は過払い金となります。

     

    しかし、「払いすぎた利息」に関して「毎回の支払額のうち超過利息部分は過払い金となり、元金残高と超過利息の累計額を差し引いた額で余剰が出た部分が返還請求出来る」と勘違いしている人が大勢います。

     

    この勘違いにより過払い金請求に着手してしまうと、信用情報機関に事故として登録されてしまう債務整理となってしまったり、場合によっては返還はおろか更に支払ってしまう事態になりかねません。

     

    消費者金融

     

    具体的に見て行きましょう。

     

    例えば過払い金が100万円発生しているとします。その時明細上の元金残高が50万円残っていたとして、上記の通りの間違った知識で考えると、過払い金の100万円から元金残高の50万円を引き、残った過払い金50万円を返還請求できることになります。

     

    これは大きな間違いです。

     

    消費者金融

     

    過払い金は元金が実際には0になっているにも関わらず払い続けてしまった返済額ですので、返還請求出来るのは正しく100万円なのです。つまり、明細上の元金残高50万円は過払い金発生前にとっくに支払い終えているので、払う必要は全くありません。

     

    このような間違った返還方法は、返還額を最小限に抑えたい消費者金融や和解を素早くまとめて多くの実績を作る事が目的の一部法律事務所などが、専門知識の乏しい消費者を丸め込む常套手段なのです。

     

    消費者金融

     

    さらに、専門家に過払い請求を任せると報酬を支払わなければなりませんので、実際に手元に返って来るお金は本来の2割か3割程度となってしまいます。「払いすぎた利息」に関して、正しい知識を身に付けることは自分の財産を守る手段でもあります。

     

     

    過払い状態にどうやったら陥るのか


    過払い状態に陥るのは、以下の3つのパターンが考えられます。

     

    一つ目は、取引の全期間を旧出資法適用による金利29.2%で取引を行った場合です。

     

    二つ目は、取引の一部の期間において超過利息を支払ったことのある取引を行った場合です。全期間でなくとも超過利息返済した事実があれば過払い状態となります。

     

    これは出資法改正前に約定した契約の途中で出資法の改正が施行され、年率が法定利率へと引き下げられたことにより発生します。この場合、法定利率を超過している利息があるかどうかは年率変更前の債務額の引き直しがなされていない場合に判断されます。

     

    そして三つ目は、貸し付け時に諸経費として諸々の雑費の受領取引を行った場合です。 審査費用や契約手続きに関する書類作成費、費用の名目による一定額の控除や早期完済による解約手数料などの請求は違法とされています。

     

    その為、消費者金融が上記のような費用を請求してきてそれを受領した場合、それらは全て利息の支払いとみなされ過払い状態と同義になります。実質年率という言葉が示す通り、そういった諸経費は年利のうちに含まれるよう法律で定められているので、債務者は利息と元金以外の請求に応じる必要は全くありません。

     

     

    消費者金融で出来た過払い金の請求方法


    過払い金の請求方法は件数や支払い年数が多ければ多い程複雑性を極めます。一度借りた額をずっと支払い続けている場合だと単純な過払い金算出方法で済みますが、多くの場合債務者は完済までの間に借入と返済を繰り返しているからです。

     

    消費者金融

     

    また消費者金融とのやり取りも大変精神的に労力を使う必要がありますし、自分で過払い金請求をする場合相当のモチベーションが必要となってきます。

     

    経費はかかりますが専門家に過払い請求を任せる方法もあります。過払い金が多い場合専門家に報償を支払ってしまった方が手間がないのは確実です。ただし、過払い金が少ない場合は報償支払い後手元に返って来る額がほとんどないと言うことも十分にあり得ます。そのため、過払い金の請求方法はその算出方法も含めて知っておいて損はありません。 詳しくみていきましょう。

     

     

    過払い金は自分で請求できる?


    間はかかりますが、過払い金の請求は自力でも可能です。そのためにはまず、過払い金がどんなものか良く理解し、返って来る利息についてしっかり把握することが重要です。請求方法事態はインターネットにノウハウをつづったサイトがいくつもありますので、正しい情報を仕入れ、ひとつずつ確実に準備することが重要です。

     

    消費者金融

     

    自分で過払い金を請求する時のメリットとしては、専門家に過払い金請求を依頼する訳ではないので費用がかからないことが挙げられます。過払い金返還額が少額になると予想される場合、専門家に任せるより戻ってくるお金が大きいので自力で請求するのもありでしょう。

     

    またデメリットとしては以下の3点が挙げられます。

     

    消費者金融

     

    一つ目は、時間と手間がかかることです。そう何度も過払い金請求を経験するわけではありませんので慣れていない作業を慎重に行う必要があります。 過払い金回収までには準備することがたくさんあり、時間と手間が大いにかかるでしょう。

     

    二つ目は、家族に借入履歴が知られる可能性が高いことです。 過払い金請求において消費者金融との交渉は書面にて自宅に届きます。 単身者でない人にとっては、消費者金融とのやり取りが同居人に知られてしまう可能性があります。

     

    そして三つ目は、過払金回収額が少額で終わる可能性があることです。 こちらは個人で対応しても、消費者金融には顧問弁護士がいる所も多く、そうでなくても過払い金問題の対応に慣れたスタッフが必ず存在します。そのため、いくら交渉事に自信のある人でもプロを相手に専門知識の乏しいまま対面しなければなりませんから、不当な額での和解金にて丸め込まれる恐れがあります。

     

    これらのデメリットを覚悟した上で、納得のいく回収を目指して自力で過払い金を回収した人も少なく無くありません。必要な知識を身に付け、十分に準備してから交渉を進めていきましょう。

     

    また、過払い金は専門家に依頼するのが一番手間がないことも述べておきます。頼れる専門家は、

     

  • 弁護士
  • 認定司法書士
  •  

    の2種類となり、過払い金と借金を含めた総債権額が140万円以上なら弁護士に、それ以下なら弁護士と認定司法書士に依頼する事が出来ます。総債権額に関わらず法律相談から消費者金融との交渉・訴訟まで全て引き受けてくれるので、もし専門家に依頼するのであれば弁護士を頼ると良いでしょう。

     

    消費者金融

     

     

    過払い金の請求方法


    過払い金の請求方法は以下のような手順となっています。

     

    1)取引履歴の取得


    取引履歴は過払い金請求先の貸金業者に通告して情報の開示を求めて下さい。 取引履歴請求書を作成して内容証明郵便にて郵送すると良いでしょう。

     

    消費者金融

     

    2)引き直し計算


    取引履歴を入手したらそれを踏まえて引き直し計算をし、過払い金がいくら発生しているか算出します。引き直し計算には専用のソフトをインターネットからダウンロードして行うとミスがなく正確な値が算出されて安心です。

     

    3)金融業者へ過払い金請求


    引き直し計算が終われば次は貸金業者へと過払い金請求書を作成し、送付しましょう。これも内容証明郵便にて行うことが望ましく、また請求書に関してはネット上に無料のフォーマットを提供しているサイトがあるはずので利用すると便利です。

     

    消費者金融

     

    4)金融業者と和解交渉


    貸金業者との和解交渉は電話、もしくは直接対面しての作業となります。消費者金融からすれば当然返還額は少ない方が良いに決まっていますから、過払い金請求者の希望額よりも安い金額での和解交渉を求めて来るはずです。こちらとしては全額返還されることを前提とした交渉ですので、ここで交渉が決裂するようであれば決着の場は裁判所へ持ち越されます。

     

    消費者金融

     

    5)裁判所へ過払い金返還請求訴訟提起


    裁判所へ訴訟を提起する場合、必要書類(訴状2部・証拠説明書2部・取引履歴2部・引き直し計算2部書・貸金業者の登記簿謄本または資格証明所)を用意し、過不足無く揃えて提出しましょう。

     

    6)裁判と併行しながら過払い金返還金額の和解交渉


    裁判は労力と時間、お金を使いますし消費者金融側は敗訴が見えているので多少の態度の軟化が望めるかも知れません。諦めず消費者金融への和解交渉を持ちかけましょう。

     

    7)過払い金の返還


    返還が決定したら、速やかに指定の口座まで過払い金が入金されます。

     

    消費者金融

     

     

    過払い金請求に関する経費


    過払い金返還請求には様々な費用がかかります。

     

  • 貸金業者とのやり取りの為の郵送代
  • 裁判所提出の訴状に張付ける請求額に応じた印紙代
  • 裁判所から貸金業者へと訴状等を郵送する郵権代
  • 貸金業者の登記簿謄本取得代金
  •  

    など、自分で請求するにも結構な費用がかかります。また専門家に依頼するときはこれらの費用を含めた報償代がかかります。報償は返還額の2割から3割が相場となっているようです。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    融資

    融資

    融資のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP