消費者金融のノウハウを自分のものにする

広告

 

>  >

 

消費者金融の申し込みで嘘は厳禁!申し込みブラックは履歴にも残る!

 

目次

 

  • 消費者金融への申し込みで注意したいこと
  •  1-1:消費者金融ってなに?
  •  1-2:消費者金融で融資を受けるメリットは?
  •  1-3:申し込む際に気をつける3つの注意点
  •  

  • 消費者金融で申し込みブラックにならない方法は?
  •  2-1:申し込みブラックってなに?
  •  2-2:どうすれば消える?
  •  2-3:申し込みブラックの時に申し込める消費者金融はある?
  •  

  • 消費者金融への申し込みって履歴に残るの?
  •  3-1:信用情報機関ってなに?
  •  3-2:記録されることとは?
  •  3-3:登録された履歴について
  •  

  • 消費者金融での申し込みで嘘をついたらどうなるの?
  •  4-1:申し込みで嘘をついてしまったら?
  •  4-2:虚偽の申請は通らない!
  •  4-3:申し込みで嘘をつかないために
  •  

     

    スポンサーリンク

     

    消費者金融への申し込みで注意したいこと


    多くのカードローンや銀行での目的別ローンの申し込みと同じように、消費者金融で融資を受ける際にも必ず審査があります。申し込む消費者金融によって審査難易度が異なるのは当たり前ですし、受ける融資額やサービスも自分に見合ったものを受ける為に、利用する消費者金融はよく考えて選ばなければなりません。

     

    そこで、消費者金融を申し込む再に注意しなければならないことが何か、以下に見て行きたいと思います。

     

    消費者金融

     

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    消費者金融ってなに?


    そもそも消費者金融とは何か、明確に説明出来る人は少ないのではないでしょうか?
    消費者金融とは、消費者(個人)へ収入等を勘案して提供される小口融資のことで、一般的に無担保で貸し付け事業を展開する貸金業者のことを指します。

     

    消費者金融

     

    銀行と違う点は事業ターゲットを消費者、つまり個人にクローズアップしているところに最大の特徴があります。銀行融資において個人向けサービスが展開著しい現代においても、消費者金融を利用することは審査難易度が比較的低いという点で非常に利用しやすい傾向にあります。

     

    1970年代まではそれほど力の奮わなかった消費者金融ですが、1980年代に入ってからはサラリーマンの利用が爆発的に増えたことにより「サラ金」と呼ばれていました。過剰な取り立てやいわゆる「サラ金地獄」が社会問題になったこともあり、消費者金融への社会的認識はあまり良いものではありませんでしたが、業界全体がイメージの挽回をはかり、一部悪質に借金の取り立てを行っていた金融業者が裁かれるなどした結果、「サラ金」の呼称を改め「消費者金融」として広く認知されるようになりました。

     

    消費者金融

     

     

    消費者金融で融資を受けるメリットは?


    消費者金融で融資を受けるメリットは、ひとつには銀行で融資を受けるよりも審査が下りやすい点にあるでしょう。個人に向け開かれた融資を行っている消費者金融での融資は、申し込みの際に用途目的を問わないものが多く、また無担保で融資してくれるため固定資産がない人でも申し込みしやすいのです。安定した収入があり、社会的信用に足る生活を行っている限り審査も比較的通りやすいのも人気がある理由のひとつでしょう。

     

    融資

    融資

    融資のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    メリットとして更に挙げられるのが、多角的視点から行われるサービスの多様化があります。ターゲットを女性に絞った「女性専用カードローン」や、初回利用に限り勘案される「最大30日間金利無料キャンペーン」など、さまざまな方向から消費者に利用してもらいやすいように各消費者金融会社はサービスの差別化を図っています。そのため、利用を考えている人は自分に最も合う消費者金融を選ぶよう、各消費者金融業者を深く吟味する必要があります。

     

     

    消費者金融を申し込む際に気をつける3つの注意点


    消費者金融

     

    消費者金融を申し込む際に気を付けたいことは、大きく捉えて3つあります。


    1つ目は自分の収入に見合った融資を希望すること。


    融資希望額を始めから上限最大で申し込んではいけません。

     

    消費者金融

     

    これは自分の収入を折り合いを付ける点においても重要なことですが、始めから最大限で貸してくれと頼む初対面の人間に、無担保というハイリスクの中、ぽんっとお金を差し出す人はいないからです。初めて申し込む消費者金融の場合、必ず少額融資から申し込みましょう。

     

  • 担保?物的担保?抵当権ってなに?保証と根保証と連帯保証の違いは?
  •  

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る


    2つ目は自分にあったサービスを行っている消費者金融を選ぶことです。

     

    例えば急な出費でどうしても入り用だが、来月の収入で一括返済出来る目処が立っている場合、この場合は初月金利無料サービスを行っている業者を選ぶべきでしょう。たとえその業者が高金利であったとしても、翌月完済するのであれば借り手側からすれば痛手ではないためです。低金利だけど審査が厳しくて落ちる可能性のある消費者金融を選ぶより、高金利だけど審査が比較的易しくて初月金利無料の消費者金融を選んだ方がメリットが大きいに決まっています。


    しかし、その場合メリットを最大限に活かすためにも本来の目的から外れた融資の使用はしないようにしましょう。また、申し込み前にしっかりと返済シミュレーションをして、それから大きく外れることのないように返済して行くことも重要です。


    3つ目は、申し込みの時点で嘘をつかないことです。

     

    消費者金融

     

    例えば収入が少ないから貸してくれないかもしれないと思い、収入額で嘘をついて申請したとします。そのような嘘は会社への在籍確認や就業年数で簡単にバレてしまいますし、どんな些細な嘘でも虚偽の申請をした時点で審査に落ちてしまいます。収入額だけで言えば、大それた融資を希望していない限り例え収入が少なくても安定した収入があるのであれば問題ありません。申し込みの際には、正直に記入し虚偽の申請をしないようにしましょう。

     

    このように、消費者金融で申し込む際に気を付けたい点を見てきましたが、最大限に気を付けたいのはやはり、無理のない返済を見越した利用をすることです。収支のバランスを考えて、自分にぴったりの消費者金融を探しましょう。

     

     

    消費者金融で申し込みブラックにならない方法は?


    何度申し込みをしても審査に落ちてしまう。消費者金融業者を変えても収入を増やしてみても審査が下りない。思いつく限りの改善をして最チャレンジしたのに審査に落ちてしまう。そんな悩みを持った人が時々いますが、心当たりのある人はいないでしょうか?自分に非がないと審査落ちには納得いかないかもしれませんが、ある意味で審査に落ちてしまうのも仕方がないときがあります。

     

    もしかしたらその人達は分不相応な額の申し込みをしているのかも知れませんが、申し込みブラックである可能性もあるのです。それでは、以下に申し込みブラックについて見て行きましょう。

     

    消費者金融

     

     

    申し込みブラックってなに?


    申し込みブラックとは、短期間のうちに消費者金融業者を含む、全ての金融業者を対象とした複数融資の申し込み実績を持っている人のことを指します。

     

    審査を行う金融業者によって査定対象となる期間はまちまちですが、大体の目安として、申し込みブラックの場合過去半年間の実績を審査される傾向にあります。実際に何社以上申し込んでいたらダメ、という明確な線引きがある訳ではありません。それは審査をする金融業者によって基準が異なるためです。審査の厳しい会社だと2社以上はダメ、ということもありますし、比較的審査の緩い会社だと3社目までは問題視しない、というところもあります。

     

    したがって、自分なりに審査項目をクリアするよう努めて申請してみても、過去半年間の申し込み件数がネックになって審査が通らない場合があるのです。何度申し込んでも審査に落ちてしまうという人は、問題がこの点にあります。申し込みブラックの履歴は、信用情報機関により開示されるため審査する金融会社に筒抜けであるからです。

     

    消費者金融

     

     

    申し込みブラックはどうすれば消える?


    そもそもどうして複数の金融業者に申し込んではいけないのかと言うと、端的に言えば「短期間にお金を多方面から借りようとしている人に信用が置けない」からです。

     

    この際金額の大小を問わず、審査する業者にとっては不安でしかありません。1社から希望融資額が引き出せなかったから次の金融業者を狙っているのか?借金を借金で返そうとしているのか?収入に見合わない融資を受けようとする、計画性のない消費者ではないのか?考え出したらキリがありません。要するに、短期間で複数の金融機関に申し込みをしている申請者には「融資した額を完全に回収することが出来ないかも知れない」と判断せざるを得ないためです。

     

    消費者金融

     

    では、どうすれば申し込みブラックの実績は消えるのでしょうか?履歴を消すように申請する?お金を払って履歴を消してもらう?

     

    …残念ながら、そのようなことは出来ません。一度信用情報機関に登録された情報は、各信用情報機関の定める履歴の保有期間が過ぎるまで開示され続けるのです。そして信用情報機関はひとつではないこともここに明記しておきます。

     

  • 5つの主要信用情報機関の登録内容!ブラックリストの実態とは?
  •  

    金融業者は総じて、融資の安全な取引と融資金額回収の参考にする為、あらゆる金融取引をシェアしています。ローンの返済が遅れたり、月々の引き落としの遅延、そして融資の申し込み実績など、すべての情報は金融業者を通じて信用情報機関に登録されています。また申し込んだ消費者金融がどの信用情報機関を利用して査定しているのかは消費者には分かりません。その為、事故履歴や申し込みブラックの実績は情報の保有期間が過ぎるまで、少なくとも半年のうちはじっと待つしかないのです。

     

     

    申し込みブラックの時に申し込める消費者金融はある?


    そうはいっても、明確に申し込みブラックとなる申し込み件数が定められているわけではないので全ての消費者金融の審査に落ちてしまうというわけではありません。一概には言えませんが、過去半年の申し込み実績が1社であるならどの消費者金融であっても審査に通る見込みはあると考えて大丈夫でしょう。

     

    消費者金融

     

    しかし、3社目以降になって来ると、申し込む消費者金融はよくよく吟味しなければなりません。過去半年の間に2社以上から断られている人物に融資するには、金融業者は慎重にならざるを得ないからです。

     

    その場合、ネットで口コミや審査難易度を丁寧に調べ、特に自分と同じ境遇で審査に受かった実績のある消費者金融がないかをよく調べましょう。審査の緩いとされている消費者金融であればまだチャンスはあるからです。しかしその場合、念のため以前落ちたことのある消費者金融が審査を行っている金融業者への申請は見込みが薄いので止めておきましょう。

     

    このように、申し込みブラックの詳細を見てきましたが、融資の申し込みは手当たり次第してはいけないということが分かったはずです。自分にとって最適な金融業者へ申し込みをし、それでダメなら2社目以降は審査難易度を下げ、金利と融資希望額を見ながら確実性を狙ってかなければ行けません。申し込みブラックにならないためには、事前調査が大変重要です。

     

     

    消費者金融への申し込みって履歴に残るの?


    金融取引の履歴というものが記録として残ることをご存知でしょうか。ローンの支払いが滞ってしまった。月々の引き落としが入金不足で引き落とされなかった。自己破産したため資産がなくなってしまった。そうした金融取引が事故やキズとして記録に残ることは、皆さん何となく知っているのではないかと思います。


    では、消費者金融への融資の申し込みは金融取引として情報が記録されるのでしょうか?以下に、金融取引をする上での履歴について見て行きたいと思います。

     

    自己破産

    自己破産

    自己破産のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    信用情報機関ってなに?


    信用情報機関とは、消費者金融への融資を申し込んだ場合に審査の上で必ず確認する金融取引の実績を開示している機関のことを指します。


    この信用情報機関には、消費者の個人の属性や契約内容、支払い状況、残債額などが登録されており、確信用情報機関に加盟している銀行・消費者金融・クレジット会社等から情報を収集しています。集めた情報は金融業者の求めに応じて情報開示しており、また個人でも開示料として数千円を支払えば自分の金融取引情報を見ることができます。

     

    消費者金融

     

    この信用情報機関に登録される情報というのは多岐にわたっており、今回問題とする消費者金融への申し込みも申し込み実績として履歴が残っています。そのため、開示された情報を見る限り記録情報の保有期間全ての金融取引実績が分かってしまいますので、申し込みブラックとならないためにも自分の金融取引実績は把握しておかなければなりません。

     

     

    信用情報機関で記録されることとは?


    信用情報機関で記録されている内容を具体的に見て行きましょう。上記で述べたことを繰り返しますが、ローンの支払い遅延クレジットカードの引き落としミスなどは事故として信用情報機関に登録されていることは言うまでもありません。また、見落としがちですが例えば携帯電話やスマートフォンの引き落としが出来ていなかった場合でも事故として記録されることを知っておいて下さい。


    さらに、取引状況の記録として、機能だけ付けて一切使っていないクレジットカードのキャッシング機能においても、負債として登録されています。

     

    消費者金融

     

    新規に申し込んだ消費者金融への融資において、審査の段階で確認されることは大きく3つあります。


    1つ目は、金融取引に事故やキズがないか。


    2つ目は、記録保有期間内1年ないし半年の内にどれくらいの金融業者への申し込み実績があるか


    3つ目は、総負債額と年収のバランス


    融資の審査の上で、審査を行う消費者金融は上記3つのことに重点をおいて信用情報機関の記録開示を審査しています。

     

    消費者金融

     

    初めて取引を行う金融業者だからと言って、自分の過去が分からない訳ではありません。申し込み履歴から具体的な取引状況と言った、全ての金融情報は信用情報機関へ登録されています。

     

     

    信用情報機関に登録された履歴について


    それでは、信用情報機関に登録された履歴がどのようにして利用され、どのようにして登録・保持されて行くのか見て行きましょう。


    信用情報機関に登録される情報は、その信用情報機関に加盟している金融業者の通告によって随時追加されて行きます。そして、自社が登録した情報以外の情報も、その信用情報機関に加盟している金融業者であれば必要に応じて情報が開示されます。金融業者はこのようにして、消費者の金融情報をシェアしているのです。

     

    消費者金融

     

  • 5つの主要信用情報機関の登録内容!ブラックリストの実態とは?
  •  

    こういった金融取引履歴ですが、その情報の保有期間は各信用情報機関で異なっています。1年のところもあれば半年のところもあります。また債務整理による負債状況は裁判所や金融業者を通じて登録され、この限りではありません。状況によりますが、例えば自己破産した場合ですと、自己破産した日から5年~10年はローンが組めない、融資申請が出来ないため、情報の保有期間も個別に変わってきます。そのため、どんな些細な金融取引であっても自分の取引状況はしっかりと把握しておくようにしましょう。


    また、各信用情報機関は加盟金融機関を紹介しているところが多く、自分が利用したい消費者金融がその信用情報機関に加盟しているかどうか調べることが出来ます。多くの消費者金融は自社のホームページで取引のある信用情報機関を通知しているものですが、もし分からなければ大手信用情報機関の各サイトにて加盟店を検索してみるのも良いでしょう。

     

    消費者金融

     

    このように、消費者金融への申し込みにおいても、審査に通る・通らないに関わらず履歴として信用情報機関へ記録が残ることを見てきました。申し込みブラックという言葉がある通り、申し込み履歴が多数あることでの融資可否を決めるブラックリスト入りも珍しいことではありません。消費者金融を利用する場合は、「数打ちゃ当たる」方式ではなく、狙いを定めて申し込む様にしましょう。

     

     

    消費者金融での申し込みで嘘をついたらどうなるの?


    使い古された感もある「ブラックリスト」という言葉ですが、もとは「要注意人物名簿」という意味を持っています。特にアメリカの労働組合において隠語として使われて来た言葉ですが、日本においてはとりわけ金融業界で融資が下りない、または返済の滞っている人を指して使われていますよね。ごく軽い認識の範囲ですと、例えばとある学生が先生から目を付けられていたら「あの子は先生のブラックリストに載っている」というような意味合いで使うこともあるのではないかと思います。

     

    さて、このブラックリストという言葉ですが、消費者金融への融資の申し込みにおいて、虚偽の申請をした場合でも消費者金融のブラックリストに載るのでしょうか?以下に申請における嘘と審査について見て行きたいと思います。

     

    消費者金融

     

     

    消費者金融での申し込みで嘘をついてしまったら?


    消費者金融での申し込みにおいて、嘘の内容を申請してしまった場合、まず十中八九審査が通らないでしょう。それは信用情報機関での調査や会社への在籍確認などからすぐバレてしまうからです。それでは、嘘をすることによって「この消費者は嘘つきだから信用出来ない」というブラックリストに載るのでしょうか?

     

    はっきりしたことは言えませんが、嘘の申請をすること自体によるブラックリスト入りは無いだろうと思います。金融機関で言うブラックリストとは、返済の滞った人、返済遅延を繰り返している人、自己破産や任意整理、債務整理をしている人のことを指します。そのため、虚偽の申請自体には審査が通らないという事実しかなく、またそれがブラックと言われるとするのなら、嘘をついて申し込みを繰り返し審査に落ち続けている場合に指す、「申し込みブラック」のことでしょう。

     

    もちろん、嘘をついていなくとも審査に落ちるときはありますので「申し込みブラック」の前提に虚偽の申請があるわけではありませんが。もしかしたら消費者金融独自に申請者リストがあって、そこに嘘の申請をしたという履歴が残っているかもしれませんが、日々膨大な量の申請者がいる中、個人情報を登録している金融業者がいるとは考え難いのも事実です。したがって、消費者金融への申し込みにおいて嘘の申請をしたとして、ブラックリストに入るとは言えないでしょう。

     

     

    消費者金融での虚偽の申請は通らない!


    また、ブラックリストに入らないのであれば多少虚偽の申請をしても大丈夫だろうと安易に考えてはいけません。たとえば収支のバランス的には問題の無い範囲で、大丈夫だろうと安易にサバ読んだ年収を申告したとします。

     

    その場合、確かに返済額と実際の収入額の折り合いは付いているかもしれません。本人的には年収の多い方が審査が通りやすいかもしれないとの下心をもった申請ですが、嘘を付いている時点で心証は最悪なものとなっています。申告した在籍中の会社と在籍年数から算出した申告者の年収をみて、確かに融資希望額との釣り合いが取れていたとしても、嘘を付くような人に融資してくれる金融業者は存在しません。

     

    消費者金融

     

    その他の申し込み時に必要な必須項目についても同様のことが言えます。申請には、正確に、正直にありのままを申告して下さい。月々の返済額と収入のバランスが取れていて、履歴に事故やキズがなく申し込みブラックでもないのなら、安定収入さえあれば審査に通る見込みは十分にあります。

     

     

    消費者金融での申し込みで嘘をつかないために


    上記にて、消費者金融への申し込みにおいて虚偽の申請をしないことが大変重要であることは分かって頂けたと思います。しかし、虚偽の申請をしていないにも関わらず審査に落ちてしまうことがあるのもまた事実です。それはいったいなぜでしょうか?

     

    ひとつには、収支のバランスが取れていなかったのも原因に挙げられるでしょう。また思わぬ事故履歴やキズが合ったのかもしれませんし、自分の認識不足で申し込みブラックの期間から脱していなかったのかも知れません。しかし、案外見落としがちで多い審査落ちの理由のひとつに、申込書の記入ミス・入力ミスがあります。郵送申請で手書きの場合、字が汚い事による識別不能も理由に挙げられる可能性があります。

     

    消費者金融

     

    こういったケアレスミスはすべて、虚偽の申請となってしまうのです。自分は嘘をついていないつもりでも、例えば連絡先電話番号を間違えていた場合、

    「この申込者は連絡が付かなくなり、債権の回収が出来ないかもしれない」

     

    と思われてしまうのです。住所の番地を間違えた場合も同じです。申込書を提出する際には、よく見返して虚偽の申請をしないようにしましょう。

     

    以上により、申し込み時に注意したい嘘の実態と審査の関係について見てきました。消費者金融へ融資の申請をする場合には、きれいな字で、もしくは正確に入力し、正しい情報を正直に申告してよく見返してから申請するようにしましょう。

     

     

     

    スポンサーリンク

     

    関連記事

  • 審査の時間はどのくらい?自動契約機での消費者金融申し込みの流れ
  • 消費者金融は審査が通りやすい?審査に必要な書類や審査基準を確認!
  • 利用目的によって消費者金融での融資・審査に違いは出るのか?
  •  

     

    お金に関するその他の情報

    クレジットカード

    クレジットカード

    クレジットカードのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    融資

    融資

    融資のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カードローン

    カードローン

    カードローンのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    キャッシング

    キャッシング

    キャッシングのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    借金

    借金

    借金のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    お金/資産

    お金

    お金、資産、金融、借金についての名言や、実践的な人生のノウハウ、レポートを紹介します。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP